広告

Qiのすすめ スマートフォンのワイヤレス給電を使ってみよう

皆さんは、スマートフォンの充電はどう行っているでしょうか?

一番多いのは、スマートフォンのUSB端子や、Lightning端子にケーブルを指して、充電するというパターンでしょう。

ワイヤレス充電(Qi)というのをご存知でしょうか?

充電の度に、ケーブルを刺す必要がなく、充電器に乗せておくだけで充電できる機能です。

以前から、Sausung Galaxyで採用されていましたが、iphoneがiphone8で採用したことで、注目され。さらにソニーもXperia XZ2で採用しました。

今後は、ワイやス充電が普及していくのでしょう。

そこで、今回筆者もワイヤレスを使ってみることにした。に切り替えることにした筆者は複数のスマートフォンを使用しているが、そのうちiPhone 8がワイヤレス充電対応なので、ワイヤレス充電器を購入して使ってみた。

ワイヤレス給電(Qi)とは

スマートフォンのワイヤレス充電は、Qiという規格で実現されています。

Qiは、ワイヤレスパワーコンソーシアム(Wireless Power Consortium; WPC)という団体が、策定したワイヤレス給電の国際標準規格です。Qiと書いて、チーと発音すします。

ワイヤレス充電は、電磁誘導を利用したものです。電磁誘導とは、隣接したコイルの一方に電流を流すと隣接するコイルにも誘導電流が流れるというものです。

そのため対応した機器の内部には、コイルがあり、充電器側のコイルに電流を流し、機器に内蔵されたコイルに電流が発生、機器に充電するという仕組みになります。

電磁誘導を利用したワイヤレス充電機器というのは、結構昔からあったのですが、独自規格で、互換性は全くありませんでした。それを国際規格として統一したのがQiというわけです。

ワイヤレス充電は便利だ

充電が気軽にできる

充電に必要なのは、充電器に置くだけ。

ケーブルを抜き差しをする必要がないし、そもそもケーブルの必要がないのは予想以上に便利。

ケーブルの接続端子は意外と壊れやすい

端子にケーブルを差し込みは、面倒なだけでなく、耐久性も心配になります。

スマートフォンに使われている端子の耐久性は、microUSB、USB type-cは抜き差し回数1万回、iphoneのLightning端子は、抜き差し回数5000回という規格になっています。

これだけの耐久性があれば、毎日1回充電しても、壊れなさそうですが、ケーブルの品質や、抜き差しする時の扱いの荒さなど、様々な要因で、壊れることがあります。

少し古い調査ですが、MM総研の調査スマートフォンの「修理サービス利用実態調査」(2017年9月)によると、修理箇所の7.9%がコネクター端子の不具合だそうです。

実は、筆者自身も、以前使っていたスマートフォンで、USB端子が壊れ、充電できなくなったことがあります。

端子の物理的な抜き差しが少なくなるというのは、故障が減るという安心感があります。

デメリットはあるのか

ワイヤレス充電のデメリットはないのでしょうか?

ネットべ調べてみると、初期のQi対応充電についていえば下記のような問題があったようです。

  • 充電器とスマートフォンの位置合わせがシビアで、正しい位置で置かないと充電できないことがある。
  • ワイヤレス充電すると、発熱があり、スマートフォンが熱くなる。
  • 充電速度が遅い

発熱を抑える仕組みなど製品的な改良の結果だろうが、筆者の使用状況では、上記のような問題は発生していません。

ただし、ケーブルを差し込むのに比べれば、充電器からスマートフォンが外れやすいのは事実なので、デメリットといえば、それくらいだろうか。

対応しているスマートフォンしか使えない

Qiは統一規格なので、Qiに対応した機器であれば、どの機器でも充電ができます。

ただひとつの要件は、使っているスマートフォンが、Qiに対応しているかどうかどうかです。iphoneであれば、iphonee8以降の機種、ソニーのXperiaならXZ2以降、Samsung Galayなら、S6以降。今後はハイエンド機を中心に対応する機種が増えてくるものと思われます。

参考ですが、ドコモの扱い機種の場合は以下のようになっています。

ドコモの対応機種例

Iphone

iPhone 8 256GB 、 iPhone 8 64GB 、 iPhone 8 Plus 256GB、 iPhone 8 Plus 64GB 、iPhone X 256GB 、 iPhone X 64GB 、iPhone XR 128GB 、iPhone XR 256GB 、 iPhone XR 64GB 、iPhone XS 256GB 、 iPhone XS 512GB 、iPhone XS 64GB 、iPhone XS Max 256GB 、 iPhone XS Max 512GB 、iPhone XS Max 64GB

Android

Galaxy Note8 SC-01K、Galaxy Note9 SC-01L 、Galaxy S6 edge
SC-04G 、Galaxy S6 SC-05G、Galaxy S7 edge SC-02H 、Galaxy S8 SC-02J 、Galaxy S8+ SC-03J 、Galaxy S9 SC-02K 、Galaxy S9+ SC-03K 、 JOJO L-02K 、V30+ L-01K 、Xperia XZ2 SO-03K、 Xperia XZ3 SO-01L

Google Pixel

Google Pixel 3、 Google Pixel 3 XL

(2019年1月ドコモホームページより抜粋)

Qi対応充電器の選び方

Qi対応のワイヤレス充電器は、ドコモ等のキャリアだけでなく、サードパーティからも多くの機器が販売されています。楽天やアマゾンで検索すると中華製を含め多数製品が出てきます。

そこで選び方を簡単に説明しておきます。

形状で選ぶ おすすめはスタンド型

Qi対応の充電器はスタンド型と平置き型があります。

価格的には平置き型の方が安いものが多く、携帯にも便利ですが、使い勝手がいいのはスタンド型です。

平置き型は、上にスマートフォンを乗せる形になるため、なにかの拍子にずれて、使おうと思ったら充電されてなかったなんてこともあります。

寝る前に、ベッドサイドで充電するなんて、場合は、要注意です。

その点、スタンドタイプは、ずれにくく、充電に失敗する可能性が少なくなるほか、電池残量が少ないときに、youtubeなどの動画を見ながら充電といった用途にも向いています。

急速充電できるかどうか

androidにしろiphoneにせよ最近のスマートフォンは、急速充電に対応しています。

急速充電を行うためには、充電器も急速充電に対応している必要があります。

Qi対応充電器でも、急速充電に対応しているものも多いのですが、安いものの中には、急速充電に対応してない製品もあるので、注意が必要です。急速充電できないといっても、使えないわけではありません。

結論 Qi対応充電器は便利

今回筆者が使用したQi対応ワイレス充電器は、サンワサプライ 700-WLC003という製品です。

スタンド部とパッド部が分離できて、スタンド型での使用と、パッド型だけで横置きでも使えるというのが特徴の製品です。

急速充電にももちろん対応。基本機能は抑えている製品です。

今回、スタンド型とパッド型の迷ったのもあって、この製品をチョイスしましたが、出張、旅行で外に持ち出すことも多いので、普段はスタンドで使用し、持ち出すときはパッドだけを持っていくという使い方ができるので、予想以上に便利な製品でした。


コメント