広告

DELL XPS13 plus ( 9320 ) レビュー おしゃれなハイエンドモバイルノート

DELLのアンバサダープログラムで、XPS13 Plusをモニターとして、お借りでききましたので、2週間ほど使用してみました。

結論から言うと、XPS13Plusは、高級感のあるファッショナブルな機種であるだけでなく、モバイルパソコンとしての使い勝手、性能など、魅力にあふれたモデルだと思います。

筆者は、だいぶ前の機種でXPS13(9360)のi5-8250Uモデルを利用しているのですが、今回XPS13 Plusを試用してみて、買い替えたくなりました。

デル株式会社

XPSシリーズとは

DELLのラインナップの中で、XPSシリーズは、ハイエンドノートに位置づけられます。アルミ削り出し、薄型モデルで、液晶の縁が小さく、フットプリントが小さいのが特徴です。

XPSシリーズには、XPS17、XPS15、XPS13、XPS13 2 in1そして、今回レビューするXPS13PLUSがあります。

特に13.4インチ液晶のXPS13、XPS13Plusは、携帯性が優れています。

ほかにスタンダードラインのInspiron、ビジネス向けのLatitude、ゲーミング向けハイエンドのAlienware、ゲーミング向けローエンドのDell Gシリーズがあります。

XPS13とXPS13Plusの違い

液晶画面サイズは、どちらも13.4インチで、サイズもほぼ同じです。

デザイン的な違いがあり、XPS13に比べ、XPS13plusはよりスタイリッシュになり、キーボード周りが大きく異なっています。

(左)XPS13 (右)XPS13 pLus

更にパフォーマンス面でも違いがあり、XPS13がモバイルノートでよく使われるTDP15WのUシリーズではなく、より性能の高いTDP28WのPシリーズを採用しています。

例えば、XPS13で採用されるCore i7-1250Uは10コア12スレッド、XPS13 Plusに採用されるCore i7-1260Pは、12コア16スレッドで、性能的には、約40%向上しています。

Dellのハイエンドモバイルノート XPS13 レビュー
デルアンバサダープログラムで、XPS13をお借りできたので、レビューします。 XPS13は、デルのハイエンドモバイルノートで、液晶の枠が小さく、そのためフットプリントが小さく、さらに筐体が薄く、携帯性に優れたモバイルノートです。 なお今回お...

デル株式会社

 

XPS13PLUSの仕様は

XPS13Plusはカスタマイズ可能で、カラーは2色、CPUはi5とi7、ディスプレーも3タイプから選ぶことができます。

今回お借りしたXPS13Plusは下記の色を付けた仕様になっています。

カラーグラファイトプラチナシルバー
CPU12世代インテル Core i5-1240P12世代インテル Core i7-1260P
メモリーLPDDR5 5200MHz 16GBLPDDR5 5200MHz 32GB
SSD512GB M.2 PCIe Gen4 Nvme SSD1TB M.2 PCIe Gen4 Nvme SSD2TB M.2 PCIe Gen4 Nvme SSD
ディスプレイ13.4 FHD+(1920 x 1200)
非光沢ディスプレイ
13.4OLED
3.5K(3456×2160) タッチ 反射防止ディスプレイ
13.4 UHD+ (3840 x 2400) フレームレス タッチ 反射防止

外観は、ファッショナブルで高級感があり

第一印象は、おしゃれ!

非常に質感が高く、まさにプレミアムパソコンという感じです。

XPS13PLUSの特徴の一つとして、フレームレスディスプレイ採用で、同クラスの液晶搭載パソコンと比べ、フットプリントが小さいというのがあります。

筐体のサイズは、幅295.30 mm、奥行き199.04 mm、厚さ15.28mmとなっています。通常の13.3インチモバイルノートと比べると、特に奥行きが1センチほど小さくなっています。

大きさをイメージするために、B4ノート、A4ノートと比べてみました。XPS-13PLUSは、幅は、ほぼA4サイズと同じで、奥行きで1.5cmほど小さくなっています。厚さは、一番大きい部分が15.28mmで、普通のビジネスバックにもすっぽり収まるサイズです。

筆者は本体をスリーブケースに入れて、カバンに入れていましたが、サイズ的には持ち歩きしやすい大きさだと思います。

デル株式会社

重量は、少し重め

重さは、1.246 kg(実測)と大きさのわりにずっしりとした重さを感じます。

昨今の軽量パソコンは、1kgを切っていますので、重量では最軽量とは言えませんが、アルミ削り出しで、高い剛性感があり、高級感を感じる重さです。

モバイル用途では、重さは重要な要素ではありますが、サイズや剛性感も大事な要素です。

そういう意味では、モバイルノートとしては優秀ではないでしょうか?実際に持ち運んでも、負担になるほど重いという印象はありませんでした。

付属充電器

付属の充電器は、60WのPD充電器で、本体は小型です。

重量は、103gと軽量ですが、電源ケーブル、USB-Cケーブルを含めると、245gとなります。

持ち運びを考えると、社外品のPD充電器を用意した方がよいと思います。

手持ちの45WのPD充電器を試したところ、低速充電の警告がでました。

付属のものが、60Wなので、60W以上のものを用意した方がいいでしょう。

例えば、下記のような商品です。

アマゾンンでPD充電器を探す

楽天市場で60W PD充電器を探す

デル株式会社

ディスプレーはきれいで、視野角も広い

XPS13 Plusのディスプレーは、FHD+ (1920 x 1200)、OLED 3.5K (3456×2160)タッチパネル、UHD+ (3840 x 2400) タッチパネルの3種類があります。

今回お借りしたのは、OLED 3.5K (3456×2160)タッチパネルです。

さすがに13.4インチで、3456×2160ですので、非常にきれいです。

視野角は非常に広く、ほぼ真横から見ても、きれいに見えます。

キーボードは、おしゃれで、使いやすい

XPS-13Plusのキーボード部分ですが、ガラス素材を使ったファッショナブルなものとなっています。

パームレスト部分は、タッチパッドがありますが、継ぎ目が全くなくどこにあるのか見えませんが、タッチパッドはパームレスト中央部に装備されています。当然右クリック、左クリックもできますが、触覚フィードバックがついており、物理的にクリックしたかのような感覚があります。タッチパッド部の位置が見てもわからないので、操作には慣れが必要ですが、無粋なタッチパッドがない分、非常にファッショナブルです。

またファンクションキーの部分は、物理キーではなくタッチ式で、各キーの機能がLEDで表示されており、Fnキーを押すと表示が変わります。

(左)メディキーにしたところ(デフォルト) (右)ファンクションキーにしたところ

なおデフォルトでは、メディアキーが割り当てられており、Functionキーを使うのは、Fnキーを押しながら、となる。これは、XPS13Plusだけではなく、DELL,HPなどではそうなっています。日本では日本語入力でFunctionキーをよく使うが、海外ではあまり使わないせいかもしれない。これは、BIOSで変更できるので、あまり問題はない。

またFnキーを押しながら、ESCキーを押すと、ファンクションキーで固定される

気になるのは、よく使う、DELキーやESCキーもこの部分に割り当てられており、少し使いづらく感じた。

キーボードに関しては、筐体の幅一杯に5列キーボードが配置されている。そのため、キーは、1.9cm幅と筐体サイズのわりに大きい。筐体が薄い為、キーストロークは、浅いが、予想以上に打ちやすい。

デル株式会社

搭載SSDは、PCIe Gen4

お借りした機種のSSDは、Western DigitalのSN810の512GBが搭載されていました。

CrystalDiskMarkで、速度を計測してみると、Gen4だけあって、非常高速です。

なお購入時に搭載されるSSDは、これと異なる可能性があります。

インターフェイスは、割り切った仕様

Thunderbolt4 2つと非常に割り切ったインターフェイスとなっています。

イヤホン端子もありません。USB-Cからイヤホン端子に変換するケーブルが付属しています。

電源接続時は、1つは給電用となりますので、周辺機器等をつなぐことを考えると、ハブは必須ではないでしょうか?

個人的には、イヤホン端子とUSB-Cがもう一つ欲しいところではあります。

性能は、ノートPCとしては、非常に高い

今回お借りしたXPS13 PlusのCPUは、12世代インテル Core i7-1260Pが搭載されています。

Cinebench R23で、ベンチマークを計測すると、マルチコアで6294pts、シングルコアで1466ptsでした。

ノートPCとしては、非常に性能が高く、少し前のデスクトップ向けと同程度の性能と言えます。

XPS13 Plusには、Optimized、Ultra Performance、Cool、Quietの4つの動作モードが用意されています。

Ultra Performanceは、パフォーマンス優先モードで、CPUのフル性能を発揮し、重い処理を高速に行う場合に適したモードですが、その結果、温度が上がるため、ファンノイズも大きくなり、当然電力消費も増えます。

Coolは、冷却を優先したモードで、パフォーマンスを抑制し、ファンノイズも大きくなります。

Quietは、ノイズ低減を優先した、ファンノイズが小さくなりますが、パフォーマンスが制限されます。静かな場所で、使いたいときに便利なモードです。

Optimizedは、ファンノイズ、温度のバランスを適度にコントロールするバランスモードです。

筆者は、通常はOptimizedで使っていました。通常使用にはOptimizedがいいように思います。

バッテリーの持ち

XPS13Plusのバッテリー稼働時間は、公式で、FHD+ディスプレーモデルで、約13時間、OLED、4Kディスプレーモデルで、約7時間となっています。これは、Netflixを連続再生した時間とのこと。

今回筆者が試用したモデルは、OLEDモデルなので、公式には7時間となります。

実際使用した感じでは、常時使い続けるというわけではないですが、朝から、バッテリーで使用して、夕方まで十分バッテリーが持ちました。

バッテリー持ち重視なら、FHD+ディスプレーモデルを選択するのもあるかと思います。

まとめ

今回、XPS13 PLUSを約2週間試用し、持ち運んだりといろいろ使ってみました。

正直な感想は、「これ欲しい」です。

小型で、パワフルな性能。出張先でも、旅行先でも、どこでも気軽に持ち運べる、おしゃれなノートで、高級感があります。

所有欲を満足させてくれるノートパソコンだと思います。

興味を持った方は、ぜひ公式サイトをチェックして下さい。

デル株式会社

コメント