広告

予算5万円で、デスクトップパソコンを作りました。CPUはRyzen 5 5600G

AMDのRyzen 5 5600Gが約18000円と安くなっているので、Ryzen 5 5600Gを使って新しいデスクトップパソコンを作りました。

せっかく安価なCPUなので、できるだけ安価なパーツを組み合わせてみました。

できるだけ安くパソコンを組みたい方には参考になるでしょう。

今回は、ゲームや、動画編集などの重い作業をしないので、GPUは載せていません。

パーツの構成

CPUAMD Ryzen 5 5600G約18,000円
CPU CoolerRyzen 5 5600G付属のWraith Stealth
マザーボードASUS PRIME A320M-A約8,000円
メモリーCrucial DDR4-3200 16GB(8GB×2))約6,000円
SSDKIOXIA EXCERIA G2 SSD-CK1.0N3G2/J約9,000円
電源玄人志向 KRPW-L5-500W/80+約6,000円
ケースThermaltake S100 TG Snow Edition約6,000円
合計約53,000円

Windowsのライセンスがない場合、windowsを別途購入する必要があります。

パーツの購入は、アマゾンYahooショッピングTSUKUMOなどで、購入しました。

不具合時の切り分けなどを考えると、パソコン専門店でまとめて購入するのもいいでしょう。

筆者はTSUKUMOをよく利用しています。価格が安いことが多く、配送も早いからです。

CPU  AMD Ryzen 5 5600G

Ryzen 5 5600G は、グラフィックを内蔵するCPUです。なおAMD社では、グラフィック内臓のCPUをAPUと呼んでいます。

Ryzen 5 5600G は、Zen 3アーキテクチャを採用した8コア16スレッドで、動作周波数は、3.9GHz。

この性能で、18.000円は激安です。

CINEBENCH R23でベンチマークをとったところ、マルチコアが9179pts、シングルコアが1434ptsと、一般的な用途では十分な性能であることがわかります。

Ryzen 5 5600Gの対応ソケットはSocket AM4です。現行のRyzenは、Socket AM5に移行しつつあり、Ryzen 5 5600GはSocket AM4の最後の世代となります。

Socket AM4は長く使われた為、対応マザーボードも安く出回っており、コスパ重視でパソコンを組むには、最適なCPUのひとつです。

価格は18,000円程度

今回は、Ryzen 5 5600Gを使いましたが、より性能の高いRyzen 7 5700Gで組んでもいいかもしれません。

Ryzen 7 5700Gは、26.000円くらいで、8000円ほどプラスになります。

CPU Cooler Wraith Stealth cooler

Ryzen 5 5600G に付属している、CPUクーラー「Wraith Stealth cooler」を装着しています。

温度が上がるようであれば、別途購入する予定でしたが、比較的性能がいいようで、十分冷えているので、そのまま利用しています。

購入するにしても、空冷で十分でしょう。

マザーボード ASUS PRIME A320M-A

廉価版のA320 chip setを採用したベーシックなmicro ATXマザーボードです。

今回はコスパ重視で、安いものを選択しました。

価格は、8,000円程度です。

パソコン専門店では、CPUとマザーをセットで販売していることがあり、割安な場合があります。チェックしてみるといいでしょう。


TSUKUMOで価格をチェックする

メモリー Crucial DDR4-3200 16GB(8GB×2))

メモリーは規格があっていれば、大体問題なく使えるので、こだわりはないのですが、比較的安価だったCrucialのメモリーを購入しました。

Crucialは、Micronのブランドで、自社でチップを生産しているので、トラブルは少ないと思います。

価格は、6,000円程度です。

SDD KIOXIA EXCERIA G2 SSD-CK1.0N3G2/J

今回は比較的安かったので、KIOXIAのM.2 NVMeの1TBを購入しました。

それほど早くないSSDではありますが、発熱が少なく、価格も値ごろなので、おすすめできます。

なんと言っても、日本製という安心感もあります。

なおRyzen5 5600Gは、PCIe Gen 3までの対応となっています。より高速なPCIe Gen 4のSSDを購入しても、その性能を発揮できません。安価なPCIe Gen 3のSSDで十分です。

価格は、9000円程度です。

電源 玄人志向 KRPW-L5-500W/80+

玄人志向のスタンダードな500W ATX電源です。

今回は価格を抑える方針なので、これを選びました。

ケーブル類が直付けですが、価格的には、非常に安価です。

価格が許せば、モジュラータイプの方がいいでしょう。

今回は、GPUを搭載しないため、500Wで十分ですが、GPU搭載を考えている方は、もう少し大きい電源にするといいでしょう。

価格は、6000円程度です。

ケース Thermaltake S100 TG Snow Edition

安価なケースと言えば、ThermaltakeのVersa H17が定番です。

しかし今回は、同じThermaltakeのS100を購入しました。

2000円ほど、Versa H17より高くなりますが、側面が強化ガラスのスイングドアになっており、メンテナンス性がよく、見栄えもよくなります。

Thermaltake S100は白も選べるのも魅力のひとつです。

今回は、そのThermaltake S100の白で組んでみました。

ケースファンは標準で、1基搭載で、最大5基まで搭載可能、最大280mmサイズの水冷ラジエータが取り付け可能、最大350mmの拡張カード搭載可能、拡張性はまずまずです。

ドライブは、3.5インチHDDが1台、3,5インチHDD又は2.5インチSSD、2.5インチSSD又はHDD2台の合計4台搭載可能です。

価格は、6000円程度です。

 まとめ

今回作った構成では、約53.000円となっていますが、メモリーを8GBにする、SSDを500GBにするなどすれば、おおよそ5万円で、デスクトップパソコンが作れます。

この価格で、この性能のパソコンというのは、非常にコストパフォーマンスがいいと思います。

Ryzen 5 5600Gが安くなっているということと、対応のマザーの価格も割安であることが理由ですが、Intelで同等の性能のパソコンを組もうとすると、倍近くになってしまうかもしれません。

今自作を考えるなら、Ryzen5 5600Gはおすすめだと思います。

またSocket AM4ですので、現在旧型のRyazenを使用している方のアップグレードにもおすすめです。

またパソコンの組み立てに自信のない方は、少し価格が高くなりますが、パソコンショップのBTOパソコンを購入する方法もあります。ショップがサポートをしてくれるので、初心者には安心です。

おすすめは、TSUKUMOです。BTOのベースモデルが多く、細かく構成をカスタマイズできますので、自分の好きな仕様のパソコンを簡単に購入することができます。

TSUKUMOでBTOパソコンをチェックする

コメント