広告

世界中の空港でラウンジを利用できるPRIOLITY PASSの紹介

PRIOLITY PASSというサービスをご存知でしょうか?

PRIOLITY PASSは、世界中の多くの空港のラウンジと提携しており、会員は、そのラウンジを自由に使えます。

筆者も長年愛用してますが、旅行や出張の多い方には、非常に便利なサービスですので、簡単に紹介しておきます。

PRIOLITY PASSの概要

PRIOLITY PASSは、イギリスに本拠置くサービスです。

全世界148か国、600以上の都市の1300以上の空港ラウンジと提携しており、会員は、提携空港ラウンジを自由に利用することができます。

利用できる空港ラウンジはこちらをご覧ください。

ビジネスクラスやファーストクラスを利用する時は、空港ラウンジが利用できますが、エコノミーで旅行する場合は、ラウンジの利用ができませんので、搭乗までの待ち時間を過ごすのは結構大変です。

例えエコノミークラスの利用であっても、PRIOLITY PASSの会員なら、提携の空港ラウンジで、搭乗時間ギリギリまで、飲み物や軽食を楽しみながら、のんびり過ごすことができます。

ラウンジで提供されるサービスは、施設によって異なりますが、寛げるソファ、wifi、ビジネスセンター、シャワー設備、飲み物や軽食のサービスなど、航空会社のビジネスクラスラウンジとほぼ同じ内容になります。

言い換えるならば、PRIOLITY PASSは、エコノミークラスで旅行する人に、ビジネスクラスと同等の空港ラウンジサービスを提供するサービスと言えます。

クレジットカードのゴールドカードラウンジとの違い

クレジットカードのゴールドカード会員には、空港で利用できるラウンジが提供されてることがあります。しかし、クレジットカードラウンジは、通常出国前のエリアに置かれています。そのため出国審査にかかる時間等を考えて、余裕を持って、ラウンジを出る必要があります。

ところがPRIOLITY PASSで利用できるラウンジの多くは、出国審査後の搭乗口近くにあり、搭乗時間ギリギリまで寛ぐことができます。

またカード会社の提供する空港ラウンジは、多くの場合、成田等の日本国内にしか置かれておらず、経由地や目的地では、利用できるラウンジはありません。

つまり、ゴールドカードに付属する空港ラウンジサービスと、PRIOLITY PASSのサービスでは、大きな差があるわけです。

そのため、プラチナカード等の上級クレジットカードには付帯サービスとして、PRIOLITY PASSが提供される場合が多くなっています。

PRIOLITY PASSの会員種別は、3種類

PRIOLITY PASSの会員には、スタンダード/スタンダードプラス/プレステージの3種類があります。

旅行の頻度に応じて、スタンダードプラス又はプレステージを選択するのが一般的です。

スタンダード

年会費 99ドル

旅行頻度の少ない人向け

ラウンジ利用は、有料(1回32ドル)

スタンダードプラス

年会費 299ドル」

定期的に旅行する人向け

ラウンジ利用は、10回まで無料

11回目から有料(1回32ドル)

プレステージ

年会費 429ドル

頻繁に旅行する人向け

ラウンジ利用は、無料

まとめ

PRIOLITY PASSは、旅行や出張で海外によく行く方は、空港ラウンジを提供する、便利なサービスです。

PRIOLITY PASSは、全世界148か国、600以上の都市の国際空港に利用できる空港ラウンジがあり、旅行、出張で利用する空港はほぼ含まれている。

PRIOLITY PASSには3種類の会員資格があり、ニーズに応じて選べる。

プラチナ以上の上級のクレジットカードには、PRIOLITY PASSが付帯サービスとしてついていることがある。

PRIOLITY PASSの公式ホームページはこちら

コメント