広告

ハードディスクが壊れる前に、バックアップがおススメ

パソコンを長く使っていると、ハードディスクが壊れることがあります。

まだ一度も壊れたことがない方もいると思いますが、それは運がよかっただけです。

いざという時に困らないように、重要なファイルやシステムのバックアップをした方がいいと思います。

この記事では、windowsに標準で搭載されているバックアップツールとEaseUS Todo Backupを使用して、バックアップの方法を解説します。

ハードディスクは壊れる

出典:バッファローHPより

ハードディスクは、プラッタと呼ばれる円盤状の記録媒体が複数あり、これが高速で回転し、磁気ピックアップによりデータを読み書きします。

構造上、衝撃に弱く、動作中に強い衝撃が加わると一発で壊れることもあります。

機械的な方法で、記録していますので、使っているうちに、書き込めなくなったり、読み込めなくなったりという不具合がでてきます。

ある程度までは、エラー補正で、問題なくデータの読み書きできますが、あるレベルを超えると、本格的に問題がでてきます。

長く使ったハードディスクから、壊れそうなものですが、長く使っていても壊れなかったり、逆に比較的新しいハードディスクが壊れたりと、いろいろです。

SSDなら壊れないかというと、そうではありません。

SSDはデータを半導体メモリーに記録しますので、ハードディスクと異なり、振動に強く、物理的に壊れるということはありません。

しかし壊れる時は壊れます。しかもハードディスクが徐々に壊れるのに対して、いきなり壊れる印象があります。

大事なデータやディスクはバックアップをとりましょう

大事なデータは、ディスクが壊れても困らないようにバックアップしておくのが、基本です。

重要なデータが少なければ、別のハードディスクにコピーすることでも対応可能ですが、ツールを使うと、設定しておけば、定期的に、自動で、決められたデータをバックアップしてくれるので、便利です。

またWindowsのシステムに不具合があって立ちあがらなく場合があります。システムをバックアップしておけば、バックアップからシステムを復元することができます。

バックアップをするには

バックアップには、バックアップツールとハードディスクなどのバックアップデータを保存する場所が必要です。

バックアップの保存先は

バックアップはハードディスクやシステムに問題が生じた場合に使用されます。そのため、バックアップ専用のハードディスクが必要です。

Windowsのシステムやその他のハードディスクのバックアップには、バックアップ元より大きい容量のハードディスクが必要です。

デスクトップパソコンであれば、内臓のハードディスクの一部をバックアップ用としたり、外付けハードディスクをバックアップ用にして、接続したままにしておけばよいでしょう。

ノートパソコンの場合は、外付けハードディスクをバックアップ先とすると、バックアップのたびにハードディスクを接続しなければならず、バックアップツールで、自動的にというのは、現実的ではありません。

ノートパソコンの場合は、NAS(ネットワーク接続のハードディスク)などのネットワークドライブを利用していれば、ネットワークドライブをバックアップするのがいいでしょう。

ネットワークドライブなどを使っていない場合、後述する、EaseUS Todo Backupなどを使い、Google drive、Dropboxなどのクラウドにバックアップをするのが便利です。ただし、システムやディスクのバックアップとなると、無料で使用できる容量では全く足りませんので、有料プランを使うことになります。

ソースネクスト

なおDropboxなら、公式より、ソースネクストで購入した方が安くなります。詳細はこちら

 

Windows標準のバックアップツールの使い方

知らない方もいるかもしれませんが、windowsには、標準で、バックアップツールが付属しています。

・ソフトを入れる必要がなく、無料で使える
・バックアップ先がハードディスクとネットワークドライブのみ
・バックアップ対象のデータが細かく選べない
windows標準ツールによるバックアップと復元の方法

Windows11の場合、コントロールパネルの中に、「バックアップと復元(windows7)」がありますので、これをクリック。

バックアップの設定をクリック。

バックアップ先を指定します。バックアップ先は、ハードディスクの他に、ネットワークドライブも選択できます。

バックアップするデータを選択。「自動選択」とすると、ピクチャなどのライブラリやシステムイメージをバックアップし、「自分で選択」を選ぶと、バックアップするライブラリやフォルダ、システムイメージなどをセレクトできます。

バックアップから復元したい場合は、「バックアップと復元(windows7)」から復元できます。

Windowsが起動しなくなった場合は、「Windows回復環境」からシステムのリカバリーを行います。

EaseUS Todo Backupの使い方

メジャーなバックアップソフトの一つです。有料ソフトウェアだけあり、単純なバックアップだけでなく、多くの機能を持っています。

EaseUS Todo Backupは、有料のソフトですが、無料で試用が可能です。

ダウンロードは、こちらからダウンロードできます。

・バックアップの対象が、ファイル、フォルダ、ディスク、システムとバックアップ対象を用途に合わせて、指定できる。

・バックアップ先をハードディスクやネットワークドライブだけでなく、Google Drive、One Drive、Drop Boxなどのクラウドを選択できる。またEaseUS社でも独自のクラウドを用意していて、これを使うこともできます。

・ハードディスクのクローンができる。クローンは、ハードディパソコンのシステムドライブを、ハードディスクからSSDに変更する。あるいは、SSDを、容量の大きいSSDに入れ変える時に使います。EaseUS Todo Backupは、この分野では定番ソフトの一つです。

HDDからSSDに換装して、古いパソコンをパワーアップ
親が使用している古いノートパソコンが、起動が遅くなり、動作がもっさりしているとのこと。 用途は、web閲覧や、メール、年賀状作成、オフィスソフトの使用で、それほど重い処理はしないとのことだだったので、ハードディスクを、SSDに換装した。 古...

・Windowsが起動しなくなった場合でも、PreOSを有効化しておけば、windows PEが立ちあがり、EaseUS Todo Backupでシステムの復元がでぃすく可能

 

・有料のソフトウェアで、購入に費用がかかる。

 

EaseUS Todo Backupのバックアップ方法

ソフトを最初に起動した時は、下記の画面になりますので、「バックアップを作成」をクリックします。

「ファイル」、「ディスク」「システム」「アプリケーションデータ」の中から、バックアップしたいものを選びます。アプリケーションデータはOutlookのメールバックアップです。

次に、バックアップ先を設定します。

バックアップ先は、ローカルディスク、EaseUSクラウド、NAS、セキュリティゾーンから選択できます。

EaseUSクラウドは、EaseUS社の提供するクラウドサービスで有料です。

一般的なクラウドへのバックアップは、ローカルディスクの中にあり、対応しているクラウドは、Dropbox、Google Drive、OneDrive、Box、pCloud、HiDriveの6つです。

バックアップ対象とバックアップ先を設定したら、「今すぐバックアップ」をクリックすると、バックアップが始まります。

バックアップが終了すると、下記の画面になります。

下のオプションをクリックすると、バックアップのスケジュールや、詳細な設定を行うことができます。データの破損に備えるなら、必ず定期的にバックアップするように設定してください。

バックアップタスクは、複数設定でき、最初のバックアップ設定後は、左側の「バックアップの追加」から、次のバックアップの設定ができます。

設定したバックアップタスクは、左側にタイル状に表示されていきます。

EaseUS Todo Backupのバックアップからの復元の方法

バックアップの復元は、復元したいバックアップを左クリックすると復元のメニューがあり、復元が行えます。

またソフト上部の「参照して復元」をクリックし、バックアップファイルを選択し、復元することもでえきます。なおバックアップデータは、pbdという拡張子になっています。

EaseUS Todo Backup windowsが起動できない場合の復元の方法

画面の上部左のツールをクリックすると、ポップアップメニューが表示されます。

その中の、PreOS有効化を行うと、電源投入時に、WindowsとEaseUS Todo Backupの起動が選択できるようになります。データの破壊等で、windowsが正常に起動しない場合でも、EaseUS Todo Backupを動かし、バックアップより、システムディスクを修復することができます。

またブータブルディスクを事前に作成しておけば、ブート領域が破壊された場合にも、直接EaseUS Todo Backupを起動し、システムの修復が可能となりますので、作っておくといいでしょう。

最後に

ハードディスクやSSDは壊れることがあります。またWindowsが突然起動しなくなるということもあっります。

そういったトラブルに対処するために、定期的にバックアップをするべきだと思います。

そのためにwindowsには、標準で、バックアップツールが付属しており、バックアップが行えます。

より細かいバックアップやクラウドに保存したいなどの場合は、EaseUS Todo Backupのような専用ソフトがおすすめです。

EaseUS Todo Backupのダウンロードはこちら

コメント